スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片付けが出来ない娘の悩みは旦那の屁理屈で

小学1年生の娘が片付けが出来なくて悩んでいます。


3歳より小さい頃は成長にばかり気が向いていましたし、毎日あわただしくてつい片付けは私がやっていました。


やらせることもありましたがどうしても時間がかかるので「その時が来ればお片付けもできるようになる」とタカをくくっていたのです。


幼稚園に入り、年少さんは無事に過ごせました。

その幼稚園の年少さんというのは「初めての集団生活なんだから幼稚園に来られるだけで二重丸」という空気があり、担任の先生からお片付けについて特に言われたことはありませんでした。


しかし、年中さんになってベテラン先生になった途端、状況が変わりました。

ベテラン先生によると、うちの娘はずば抜けてお片付けが出来ないそうなのです。


家庭訪問でそれを言われて、私なりになんとかお片付けを頑張らせようといろいろ工夫しました。

一緒にやってみたり、棚を工夫してみたり。叱るのが良くないのかもしれないと、常に褒めるようにしました。


しかし、娘には響きません。褒めると嬉しそうにはしますが「だから頑張ろう」とはならないようなのです。

結局ベテラン先生には1年間色々言われ、親として私の精神に余裕がなくなり娘にきつく当たってしまうという悪循環になりました。


片付けが出来ないというのはADHDという発達障害の可能性が高いと本で読みました。


次から次へと興味がうつってしまうので、今やるべきことに目が向かない。

お片付けが出来ないのもそのひとつだというのです。もしかしたら娘は本当はADHDなのではないかと思ってしまいます。


そんな毎日でどんどん心が疲れてしまって・・・

でも旦那に相談するとこんな答えが返ってきます。


会社には部長クラスになっても自分で使ったものすら片づけられない人間が何人もいると。

片付けが出来ようと出来まいと将来にはほとんど影響しないよ。日本で大事なのは学歴と時代の流れだって。

そのうち片付けがいらない時代が来るけど、そうしたらそんなに大事な事じゃないよねそれ。


私が話がおかしな方向へ行っていると突っ込むと、じゃあ何のために片付けがいるの?と聞きます。

常識的にと私は思いますが、旦那は時代で変わるような常識が大嫌いです。


結局どんな人もそれは個性でいいんじゃないか。

いつも遠まわしな旦那の意見ですが、疲れていた私には少し響きました。


そんな娘も愛してくれる人は現れるし、そうやって助け合うんだろ?って。

そうなんです。


実は私も片付けが苦手で、旦那のクローゼットはキレイなのに私の方はいつもぐちゃぐちゃです。

もしかして私の遺伝子かもと悲しくなりましたが、それでも娘が出来てから掃除も片付けも出来るようになっています。



きっと今はすごく気になる事も、大きくなるにつれてそれはとても小さい事なのかもしれません。

たまには役立つ旦那の屁理屈をこの時ばかりは参考にする私でした。


コメントの投稿

非公開コメント

ブログで育児日記をつけてみましょ

最新医療を受けられ報酬も発生
最新記事
こんな記事も読まれています
カテゴリ
全身洗える天然シャンプー
月別アーカイブ
子供の夜泣きに効果絶大!
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。