欲しがるママ友

最近一番悩みのタネになっているのは何でも欲しがるママ友です。

我が家には3人子どもがいますので、それぞれの関係で色々なご家庭と知り合いになる機会が多いのですが、彼女ほど強烈な方は今までいませんでした。

一番下、小学校に入学したばかりの娘がいるのですが、クラスメートのお母さんです。とにかく人の物を何でも欲しがってしまうんですよね。


例えば、先日長男関係のママ友さんがホームパーティーを開くとのことで、お料理が得意な方ですからデザートはみんなで持って行きますねということでドーナツを買いに行きました。

特に流行している有名なお店でもなく昔からあるドーナツショップに立ち寄ったのですが、そこから家に向かう道中に出会ってしまいました。

「わぁドーナツ買ったの?何買ったんですか?いいなぁ欲しいなぁ」といきなりテンション高く声をかけられたのですが、彼女の怖いところは、この「欲しい」が「本当に欲しい」という点です。


「ええそうですね、では私達急いでいるのですみません」と答えても、「そうなんですか、いいなぁ美味しそう欲しいなぁ」との返事。

たまらずみんなで立ち去ろうとしても、
「どんな味にしたんです?ていうかどれが一番好きですか?」と全然聞いていない様子。


そこで、「すみませんが遅刻してしまいますのでまた今度、後日ゆっくり話しましょう」とだけ伝えて急ぎました。

こういう人って曖昧に返事をするとあまり良くありません。

ハッキリ伝えて、それでいて後日と付け加えてフォローしておけば、大体は向こうの方が忘れています。

これでなんとかホームパーティーにも間に合い、時間ピッタリに焼きあげられた焼きたてのパンやグラタンなど、美味しいメニューを楽しむ事が出来ました。

ママ友との距離

娘が小学校に上がってから初めてのママ友が出来ました。

そのママ友はすでにママ友のグループにいて、いつもそのママ友グループはランチをしたり家を行き来していたようでした。
そのママ友の娘と私の娘が友達になったのがきっかけで、私もママ友になったのです。
暫くして、私は初めてランチに誘われました。

ママ友の他にもう1人、他のママ友がいました。
私は初対面だったのですが、そのママ友ともすぐに打ち解け、仲良くなれました。

いつもようにママ友とランチをしていると、最初に仲良くなったママ友(仮にAさん)が他のママ友の悪口を言い始めました。私はただ頷くだけでその場は聞いてましたが、翌日、違うママ友からメールがきたんです。

内容は、「私の事、陰口いってたのって本当?」でした。
私はびっくりして、何故そんな事を言い出したのか問い詰めてみると、Aさんから聞いたとの事。

むしろ陰口を言ってたのはAさんなのになぜ?と、思いながらもメールがきたママ友には何も言いませんでした。
その後も度々、Aさんからランチを誘われては色々なママ友の陰口を聞かされていました。


私は耐えられなくなり、「それって、私が言った事になってない?実はこないだメールがきて」と、他のママ友からメールがきた事をついにAさんに話しました。

すると、Aさんはムッとした顔になり、その日からAさんは私をランチに誘わなくなりました。

他のママ友も、道で会うと何故だかよそよそしくなってます。
私はきっとAさんが何か言ってるのだろうと思い、悩みました。

このままだと娘の友達関係もおかしくなるんじゃないかって。

私はそこで、初めてAさんにランチに誘われた時、もう1人いたママ友に勇気を出して電話してみることにしたのです。

そこで、今回の事を相談しました。
そのママ友は親身になって聞いてくれました。前々からAさんは陰口が大好きで、自分が気に入らなくなった相手をとことん無視するそうです。

相手にしなくていいし、娘同士が仲良くしてるなら問題ない。もしも娘とAさんの娘がそれが原因で遊ばなくなったら、それはそれで違う子と遊ばせてたらいいし、まだ1年生なんだからいくらでもこれから友達もできるよ。と、言ってくれました。

私は、娘の友達関係を上手くいかせるために、自分も何とかママ友と上手く付き合いしていかなくてはいけないと思ってましたが。


ママ友との距離は近すぎず、離れすぎずでいいのかもしれません。

大人の都合

アメリカに来て最初のお友達が彼女でした。
下の子が通った近くの保育園に彼女の息子さんがいて、まだ英語がわからない私の息子のことをいろいろ面倒を見てくれました。
私たちよりも半年早く渡米されていて上の子たちはお互い同じ年で小学生だったので、学校のこともたくさん教えてもらいました。
下の子たちは静かで優しくてゲーム好きの性格が同じで、いつも家を行ったり来たりしていました。

やがて下の子たちも小学校に上がり勉強をしだすと、能力の差が出てきてしまいました。
私の下の子は放っておいても一人でできてしまうタイプで、渡米前には勉強もきちんと教えてくれる保育園に通っていたので平仮名はほぼマスターしてこちらに来ました。
かたや彼女のお子さんは2歳台で来ていて土台となる日本語ができていないために、英語も読み書きが苦手でした。
彼女は自分でも言っていましたがプライドが高いそうなので、会った時に顔には出さないものの傷ついていたと思います。

そして、決定的なことは、学校に上がって1年後に私の息子は英語が未習熟な生徒が通うESLコースを抜けましたが、彼女のお子さんは抜けれなかったことです。
その辺りから私たちの関係がぎくしゃくし始めました。
放課後に遊ぶことも何回か断られました。

あとでほかの子と彼女の子が断った日に遊んでいたと知ったので、誘ってもらえないわが子は泣いていました。
彼女の子が私の息子に「また、遊びたいね。」と言っていたので、息子さんはこちらの誘いを断っていることを知らないのだと思います。
関係が壊れてしばらくして彼女は日本に帰りました。

私はこのことを教訓に、子供でつながるママ友は本当の友達ではないという教訓を学びました。

ライバル心の強いママ友

私には中学生の時から友達だったMというママ友がいます。
学生の時や独身時代はとても仲が良く親友だと思っていたのですが、お互い結婚し子供が出来てから関係が変わってしまいました。

Mと私は結婚式を1ヶ月違いで挙げ、出産も9日違いでした。
私とMの関係がおかしくなってきたのは、結婚式を挙げた後からです。

妊娠中に2人でランチに行った時、Mはやたらと夫について張り合ってきました。

Mのご主人は自衛隊で私の主人はサラリーマンなのですが、「サラリーマンの家は大変だね、うちは公務員だけど」や、「サラリーマンってボーナスどうなるかわからないんでしょ?
うちは公務員だからボーナスが上がる事はあっても下がる事はないけどね」など、いちいち公務員だからという話をしてきました。
子供が生まれてからも何かにつけて張り合ってきます。

特に酷かったのはMが建売を購入し、私が注文住宅を建てた時でした。
うちに遊びに来てもいちいち文句をつけたり、「私だったら絶対こんな家は建てない」とまで言われました。
私はいちいち張り合ってくる会話を最初は流していましたが、さすがに徐々に疲れてきて距離を置こうと考えました。

そして他のママ友と付き合うようにしました。
ですがそのママ友たちからも仲間はずれにされるようになったのです。
私は訳が分からず悩みましたが、後日、Mが他のママ友に私の悪口を言いふらしていた事が分かりました。


私はとても傷つきました。
ですが子供のためにも泣いているばかりではいられせん。私はきっぱりMと縁を切ることにしました。
Mといても悪影響しか得られないからです。
そしてMと共通のママ友たちからも距離を置きました。


そして他の新しいママ友と遊ぶようになりました。
そのママ友たちはMとはなんの関係もないので、Mの嫌がらせもなくとても楽しくお付き合いができています。
学生時代からの仲だったMと縁を切るのは少し寂しかったですが、おかげで今は悲しい思いもせず娘と一緒に平穏に暮らせています。

縁を切って良かったと今では思えます。

人の家庭事情を聞きたがるママ友

私は娘が小学校の頃にちょっとしたママ友トラブルに見舞われました。
きっかけは娘の三者面談のときに偶然隣同士になったママ友としゃべったことでした。

最初はすごく人当たり良く接してくれて感じが良い人だなと思いました。
しかしこれをきっかけに一緒に食事をするようになってから彼女の怖さを知ってしまったのでした。


このママ友は良く私の家庭の事情を聞いてきたのです。
最初はサラッと聞く程度だったのだけど、仲良くなるにつれてどんどん深いことまで探ってくるようになって、段々嫌になっていきました。

だから彼女に食事に誘われても理由を付けて断るようになったのです。
そしたらそれに怒ったようでママ友が私の秘密を別のママ友にしゃべってしまったのです。

私は彼女にプライベートで夫の浮気話を相談したことがあるのです。そ
の時の話をされてそれが噂になりました。信じられないことですし、まさかそんなことを話されるだなんて思っていなくてショックでした。

だからこのママ友に文句を言ったのです。
そしたら「あなたが先に裏切ったんでしょ?」と言われました。どうやら私が彼女と急に付き合いが悪くなったことを許せないと思ったらしいです。
だから私の話してはいけない秘密をバラしたと言われました。

この事を知って私はゾッとしましたし、益々この人とは関わらない方が良いと思って離れました。
離れて大正解だと思います。
その後別の女性もこのママ友トラブルに巻き込まれてなんと子供共々転校して行きました。

今思い出してもすごく思い込みの激しそうな人で疎遠になれて良かったと心から思っています。

ブログで育児日記をつけてみましょ

最新医療を受けられ報酬も発生
最新記事
こんな記事も読まれています
カテゴリ
全身洗える天然シャンプー
月別アーカイブ
子供の夜泣きに効果絶大!
検索フォーム
QRコード
QR